2013/01/26

浦添市長選挙に立候補する「松本哲治」という方が面白い


今度の浦添市長選挙に立候補する松本哲治さんが個人的に気になったのでブログを書いてみる事にしました。

最初に言っておきますが
私は那覇市民なのでこの浦添市長選挙の選挙権はありませんw

ブログに書くほど面白いと思った理由

「ネットというツールを上手に活用した選挙活動。物凄く先見性があると感じる!」
最近では一部の国会議員がTwitter等を始めていますが、アメリカの国会議員は上院議員100% 下院議員でも90%という確率でTwitterというネット上のツールを利用しています。

Twitterをやっている議員が偉いとは言いませんが、情報を多くの人に伝えやすいツールという性質を考えた時に、若い世代にも効率よく自分の実現したい事を伝えられるのは良い事だと個人的に思います。

若者の選挙離れが物凄く深刻ですが、選挙に行かない若者はもちろんその事をなんとも思っていないと思います。(本当に選挙&政治について考えているなら選挙に行っていると思う)

今の世の中のルールを作っているのは政治家(厳密に言うと国民になるのかな?)です。

あれも、これも、それも全部。。。

選挙に行かない人に限って国や地方自治に対してグチグチ文句を言います。
(税金が高いんだよ〜 社会保険料が高い〜 ETC......)

文句を言う前に自分の選挙権を果たしましょう!

だけど選挙に行かない人にだって選挙に行かない言い分がある場合もあります。良く聞く言い分として「どんな政治家がどんな事をしたいと思っているか(考え)が分からないから投票出来ない」という意見。

確かにそれは分かる!

普通の人が仕事している様な時間帯にうるさい選挙カー走らせたり、演説してもらっても
しっかり聞く時間がない!(聞く気持ちになれない....)

投票日が来る前に立候補する人に関して知る時間が少なすぎる。これは間違いない!

こんなにネットという便利なツールが進化しても選挙制度を始め、選挙活動方法など昔からのルールが変わらない日本。

そんな時に出会った「松本哲治」という浦添市長選挙立候補者。

ホームページでは Facebook、Twitter、YouTubeへのリンクが貼られておりWeb上のツールをフル活用しています。

YouTubeで何を語っているのかは松本哲治公式ブログで見やすい様に紹介されています。

デジタルネイティブの僕ら世代には物凄く響く活動だと思います!

これなら通勤途中やトイレでうんこしてる時などのスキマ時間にでも見たり、知る事が出来ると思います。

ここまで松本さんを褒めると松本さんの回し者だと思われそうなので念の為書いておきますが、私は関係者ではありません。那覇市民だし.....w

松本さんの考えに賛同出来る、出来ないは個人の価値観です。

ただ、こうやって自分の考えをみんなに伝えたい!という行動力や先見性に対して僕は物凄く好感が持てます。だから記事にしました。

この記事が一人でも多くの浦添市民に読んでもらって投票に行くきっかけになってくれたらいいな!

そして他の選挙に立候補する方々にも、もっと若者の意見を取り込んでくれる様な活動をして欲しいと思いました。

若者が選挙に行かないと政治家は若者を無視した政治活動をします。

その結果は今すぐには分かりません。何年後かになってやっと分かります。

と、私は思います。

ここまで読んでくれてありがとうございました。

0 件のコメント:

コメントを投稿

他の記事紹介

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...