2012/12/19

ウォークマンでノイズキャンセリング機能の表示がグレーで薄く表示され使用出来ない時の対処方法


ウォークマンを購入して1ヶ月程でノイズキャンセリング機能が使用できなくなる事がありました。

ネットで解決方法を探してみたものの、あまりこの症状に対する回答が見つからなかったので備忘録的に書いておきたいと思います。


症状
ノイズキャンセリングマーク(左上に出る四角やつ)がうっすらグレーで表示されている(普通は白い色で表示される)
→ これはノイズキャンセリング機能がONにはなっているけど付属のイヤホンやノイズキャンセリング対応のイヤホンで使用されていないという表示。

いやいやいや、最初から付属のイヤホン使ってますけど? もう壊れた? 普通に音楽は聴けるんだけど....


試行錯誤
何度もイヤホンジャックの抜き差し(一瞬ノイズキャンセリングマークが白くなる事がある)。コードに外傷が無いか確認。思い切ってウォークマンの初期化。

ダメ、どれも全くダメ。


対応方法
何をやってもダメ。初心に返ってもう一度説明書(SONYのQ&Aを見てみる)

SONYサイトより引用↓

ノイズキャンセル効果が得られない
  • ノイズキャンセリング機能をオフにしている。
  • 「ノイズキャンセルオン/オフ」を「オン」にしてください【詳細】
  • 同梱のヘッドホンを装着していない。
  • 同梱のヘッドホンを使用してください。
  • ヘッドホンを正しく装着していない。
  • イヤーピースを交換したり、おさまりの良い位置にするなど、ぴったりと耳に装着させるようにしてください【詳細】。イヤーピースがはずれて耳に残らないよう、イヤーピースを交換する際には、ヘッドホンにしっかり取り付けてください。
  • ノイズキャンセル調整が適切に設定されていない可能性がある。
  • “ウォークマン”は、ノイズキャンセル効果が最も得られるようにあらかじめ設定されていますが、同梱のヘッドホンに搭載されているマイクの感度を上げる(または下げる)ことでさらに効果が得られる場合があります。ノイズキャンセルの調整をし直してください【詳細】
  • 静かな場所で使用している。
  • 静かな場所や、周囲の騒音の種類によっては、ノイズキャンセル効果が感じられないことがあります。
  • 「環境選択」で設定しているデジタルフィルターの種類が周囲の環境と合っていない。
  • 周囲の環境に合わせて「環境選択」の設定を選んでください【詳細】



上記の対応策を片っ端からダメ元でやってみた。 そしたら解決した!


ノイズキャンセリング機能の表示がグレーで薄く表示され使用出来ない時の対処方法

え:イヤーピース(耳にはめるゴムの部品)を一度外して付けてみると治った。

マジで直りました。しかしイヤーピースの脱着でなぜ直ったかは不明ですw
上記に記載した対応策にもイヤーピースがどうのこうの書いているのでノイズキャンセリング機能が付いているイヤホンの構造に関係するのかもしれませんね。


最後に
やっぱり説明書等はちゃんと読む必要があると学んだ一件でした。あやうくSONYに電話する所でしたよ。。。 
iPhoneは便利だけど音楽はやっぱりSONYのウォークマンが良いと再認識する今日この頃。






2012/12/18

お家で出来る肉体改造「へやトレ」始めます!


1ヶ月以上ブログを放置していました..... スミマセン。

急ではありますが、肉体改造「へやトレ」を始めます

マジで身体がヤバい事になっている!!!

室内にこもってパソコン作業をしている時間が多いのでどうしても動く機会が減ってしまいます。

それに加えて「食べる事が大好き♥」なので必要カロリー以上を摂取してしまう今日この頃。

動かない & カロリー過剰摂取 のダブルパンチ!!!!


どうやってこの現状を打破しようか?

提案1:楽して痩せたいからサプリメント
世の中に出回っている「燃焼系」「痩せる系」のサプリメントにすがりたい所ですが、サプリメントって本当に効果が無い(薄い) これはダイエット系のサプリメントだけでなく様々なジャンルのサプリメントに言える事です。

過去に物凄くサプリメントに興味を持った時期があって色々調べた事があります。
それで分かった事が「日本のサプリメントはあまり効果が無い」という事。
これは様々な諸説がありますが、日本のサプリメントを管理している法律などの観点から栄養価(効果をもたらす成分)が低かったり販売までの審査が甘いなど色々あるそうです。(不純物を多く含んでいる事もあるとか?)
→ アメリカは日本より多くの成分を含める事が出来るので日本のサプリメントより効果がある。それに加えてサプリメントに対する審査基準も厳しいらしいので良い製品が市場に出回るとか、出回らないとか。最近では個人輸入でアメリカからサプリメントを購入する人も増えてきましたね。 
サプリメントの個人輸入で人気のサイト :  iHerb

アメリカの薬やサプリメントはとても強い(効く)イメージがありますね。コンビニに売っているエナジードリンク(レッドブルやモンスター)もアメリカ版だと日本の法律(?)をパス出来ないので日本の製品は日本用にグレードダウンされていて、物凄く効果が弱いです。(ハッキリ言って全然エナジー効果が得られない....w  アメリカでエナジードリンクを飲んだ時はハッキリ効果が感じられた!! 思い込みかもw)

日本のサプリメント事情についてはこちらのブログの解説が分かりやすいと思います
日本のサプリメントはどうして効かないのか? / 「健康なお肌と“きれい”をめざして」いる方のための、むやスキンクリニック院長ブログ

上記の事を踏まえて効果の薄いサプリメントに沢山のお金をつぎ込むのは無駄。よってサプリメントダイエットは無し!


提案2 : スポーツクラブ(ジム)に通って徹底的に肉体改造
サプリメント案と違ってこちらの案は物凄く現実的なので効果がありそう!
しかし、デメリットが多すぎる!!!

・金銭的デメリット
スポーツクラブはなんといっても「お金がかかる」
入会金や初回の2ヶ月分入金などランニングコストがとても高い。(ウェアやシューズなんかを揃えだしたらキリが無い)
運動を始めるだけなのに最初に3,4万飛んでいくなんてハードルが高い。
一方で「お金を払ったから嫌でも通う様になるよ!」なんて事も聞きますが、次に書く「時間的デメリット」を考慮するとそうでも無いと思う。

・時間的デメリット
いざスポーツクラブに入会したのはいいんだが「通えなくなって辞めた(モチベーションの低下)」こんな人は物凄く多い。

今までスポーツクラブに通う習慣の無い人間が急に自分の生活サイクルの中に「スポーツクラブに通う」というノルマが課されると物凄く精神的プレッシャーになってしまう。(スポーツクラブに行かないといけないという義務感)

平日は朝から夜まで仕事。週末は職場や友達など、仲間との飲み会などなど....

これらタイムスケジュールの中に「スポーツクラブに通う」という予定を組み込んで長期に渡って肉体改造するには、もの凄くお金と時間と根気が必要になる。

・スポーツクラブ(ジム)での環境
スポーツクラブ(ジム)は様々なマシンが揃っており、上手く使いこなす事が出来ればそれこそアスリート並みの肉体を手に入れる事が可能だと思う。実際ジムにいる人達を見てみるとムキムキだったり引き締まった人が多かったりする。
実はそんな人達に囲まれてトレーニングする事で自分に過剰にプレッシャーを与えてしまっている事もある。
・自分はあの人に比べて軽いウェイトでトレーニングしている...(負荷の比較)
・あの人はあんなに沢山のトレーニングをこなしているのに自分は数種類...(数の比較)
・トレーニング時の自分の容姿を気にする(容姿の比較)
    → 重いウェイトを上げ下げしている時に顔がヤバくなっている...
    → 運動中に自分のお腹がポッコリ目立っている...
    → 綺麗な女性が近くにいるから良い所見せてやりたい...

上記に書いた事は物凄くネガティブに見えますが、ジムで運動した事がある方は少なからずどれか経験があると思います。

周りの人のペースに自分のペースが乱されて「自分にあった正しいトレーニングが出来なくなる」という事は初心者であればあるほど陥りやすい問題だと思います。

上記の事を踏まえるとスポーツクラブでの肉体改造は「無し」では無いが、様々な障壁(金銭・時間)があるため参入、継続しずらい。


提案3 : 家でお金をかけずにトレーニング
家でトレーニング案は上記に書いたスポーツクラブ案のデメリットをカバーしてくれます。

・金銭的デメリットに対する解決策
→ 必要な物は「自分の身体(自重トレーニング)」
ただしヨガマット(トレーニングマット)や、重さが調整出来るダンベルがあれば効率があがります。(数千円で揃うのでジムの入会金より断然安い)

私が昔から使っているヨガマット&ダンベル(MAX 10Kg)


・時間的デメリットに対する解決策
→ 家にいる時間でいつでも出来る。起きた時、寝る前、雨の日、自分のやる気次第!

・スポーツクラブ(ジム)での環境的デメリットに対する解決策
家の中でトレーニングするので誰にも見られる事が無く、自分のペースでトレーニングに取り組めます。(変顔し放題!)

ただしジムにある様なマシンが揃ってないので出来る事が限られる(へやトレのデメリット)
→へやトレの書籍にも書かれていますが一般的な人はジムにある様なマシンはそこまで必要が無い

以上を踏まえると「へやトレ」が優勢!?



提案1〜3まで色々例を挙げてみましたが一般的に肉体改造(ダイエット)するのに適しているのは「へやトレ」という事が少しでも伝わっていたら嬉しいです。(主観的過ぎたかなw)



「へやトレに興味は出たんだけど、どうやってトレーニングしたらいいの?」と思ったあなたへ今日は特別にその方法を教えちゃいます!(めっちゃ胡散臭いw)

冗談はさて置き、私も家で効果的にトレーニングする為の参考書籍を探していた所この「へやトレ」の本を見つけました。


「へやトレ紹介動画」







一通り中を読んでみましたが「へやトレとジムトレの違い」から始まり部位別のトレーニング方法、男女兼用のトレーニングメニュー、男性用、女性用、ウエスト集中、細マッチョ養成など色々なメニューが紹介されています。
そしてこの「へやトレ」の素晴らしい所が「DVDを見ながら実際の動きを確認出来る!」という点。

写真や文章だと分かりにくい動作もDVD(動画)を見れば一発で分かっちゃいます。

運動苦手な方やトレーニング初心者にも分かりやすくて満足のいく内容となっています。


最後に
長々と肉体改造(ダイエット)に関して書かせて頂きましたが、私自身が一番肉体改造しないといけない体型だと自覚しておりますw
ここで紹介した「へやトレ」などの運動方法に加えて日頃の食生活やちょっとした心がけ(なるべく階段を使う)など色々な努力と継続が必要だと思います。

ダイエットが簡単に出来れば、世の中にダイエット用品やそれらに関わる製品が売れなくなってしまいます。

この「へやトレ」もその一部だとは思いますが、上手く利用するのも、ただの紙切れにするのも自分次第だと思っています。 

短期間で効果を求めずに長期的に変化を出していけたらいいと思っています。

PS : クリスマスにお正月太りやすい時期が近づいています。





他の記事紹介

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...