2012/09/07

オススメの勉強法「遅延評価勉強法」

今日はオススメの勉強方法を紹介したいと思う。(本当はコーディングを早く終わらせないといけないのに、どうしてもこの方法を紹介したいと思ったのでコーディングを中断してブログを書いている 汗)


遅延評価勉強法とは?

遅延評価勉強法を簡単に説明すると、必要な所を必要な時に勉強する勉強方法。

プログラマー界隈では知っている方も多いと思われるこの勉強方法を分かりやすく解説してくれている記事があるので紹介。
パラシュート勉強法が遅延評価勉強法に通づるものがある / 負けまいとする心でしょう!

私も現在あるサイトを作成する為にHTML/CSS/PHPを学習しているのですが、この勉強法を活用しています。

書店などに行くと「○○日で覚えるホームページ作成」などの書籍があるがこれは一見初心者に優しい感じがするのだが、実は必要の無い部分まで学習している可能性がある。

自分がはっきり「こんな感じのサイトを作りたい」という考えがあるのであれば、逆算的に必要なコーディング(技術)を学べば良い。(Googleで検索すれば何でも出てくるし)

書籍オンリーで勉強すると、書籍に書いてあるサイトを作る。それとは別に自分が作りたいサイトを作る。と2つもサイトを作成する手間(時間)が発生するのだ。

この勉強法は学生時代、検定前などにも結構活用していた。

検定などは過去問を勉強するとある程度の得点はカバー出来るので、基礎的な事が書かれているテキストを1から学習するより、過去問を解いて間違った(分からない)所について勉強していく→また過去問を解く→間違った所を勉強する→・・・ の繰り返しで検定に合格出来るレベルに持っていける。

この勉強方法で私が一番気に入っている点は「学習した事がすぐに目に見えるのでモチベーションが維持しやすい」という点。

テキストに書かれている興味の無いサイト作成をするよりは、自分が作りたいと思っているサイトがすぐにでも形に現れるとどんどん勉強したくなる。(個人意見)

これから資格などの勉強をする際、勉強方法に行き詰まったらこの方法を試してみてはいかがでしょうか? 











0 件のコメント:

コメントを投稿

他の記事紹介

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...