2012/07/09

バイク盗難を防ぐ正しい鍵の使い方

ハイサイ!今日の沖縄の天気は久しぶりの雨です。雨が降るとバイクに乗れなくなるので気分が下がっちゃいます(笑)


バイクと言えば先日書いた記事「アドレスV125Sを買ったよ!」で少し紹介させて頂いたのですが、「バイク盗難」に対する事を今日は書きたいと思います。

沖縄はアドレスV125の盗難がハンパ無い!!
私が沖縄に帰って来て一番聞いた言葉は「アドレスはメッチャ盗まれる!!」という単語かもしれません(笑)

私の周りにはバイク乗りが多いのですが、みんなが口々に「アドレスはメッチャ盗まれる!!」と私に忠告してきました。(買わない方がいいよ!と...)

盗難が多い理由とは?
*ここからはあくまで聞いた話の紹介になります。


沖縄は週末になると暴走族が主要道路をブンブン走ります。その時によく見かけるのが「アドレスV125」
通勤快速のアドレスは暴走するお兄ちゃん達の心までも掴んでしまっています。(夜の人気車両になってしまった)
彼らはそのバイクを盗って走ったり、走って壊れた部品だけを持って行ったり.... 様々な事をやっているとかやっていないとか....

上記に書いた様な事を良く耳にするのでプロによる盗難よりこういった方々による盗難が多いのではないでしょうか?




アドレスの盗難対策
アドレスの上位グレードには振動を感知して鳴るイモビライザーが標準装備されています。
これで「盗まれる事は無いだろう!」と安心している方が多いと思いますがバイク屋のお兄さんから聞いた話によるとこのイモビライザーは簡単に解除出来るらしい。そしてアドレスを盗難している人はこの方法は知っているのであんまり意味が無いと言っていました。

ではどうするか?
答えは「バイクに鍵をかける」です。
当たり前の事ですが多くの方が面倒くさい等の理由で鍵をしていないと思います。

鍵と言ってもいくつか種類があるので少しご紹介!

U字ロック 




ワイヤーまたはチェーンロック





ディスクロック


これらの鍵を複数(前輪/後輪)つける事が一番効果的ではありますが、予算などの関係で容易に行えない方もいらっしゃると思います。

なので今回は私も行っている1つの鍵で盗難対策する方法をご紹介します。



1つの鍵を使う場合は動かない物に固定するのがベストな使い方
後でご紹介しますが、バイクに鍵をつけていても盗難する人はなんらかの方法を使ってバイクを盗難します。(鍵を切られてしまっては終わりですが....)

なので鍵をつける際はなるべく動かないものに一緒に繫げてロックする事をオススメします。

固定物が無いときは後輪に鍵をつけましょう
先に動画を見てもらったら分かると思います。


ハンドルロックしたバイクを簡単に移動しています....


どうだったでしょうか? ハンドルロックさえしていればバイクは動かせないと思っている方はビックリしたと思います。
この位の事ならプロの窃盗団じゃなくても出来る事でしょう!(決してやらない様に!)

この動画を見て分かる様に前輪に鍵を付けても持ち上げられたら後輪だけで移動できてしまいます。(一輪車の要領)
この事から鍵を動かない物に繫げられない場合は後輪にロックするのがイイという事が分かったと思います。




まとめ
今日ご紹介させて頂いた方法は当たり前の事なので前からこの様な対策を行っていた方にとっては「当たり前じゃん!」と思われたかもしれません。
しかし、多くの方がこの様な対策をしていないのが現実です。
自分が面倒くさい事は相手(盗む人)も面倒くさいです。それを考慮すると多少面倒くさくてもしっかりとした盗難対策を行う事が大切です。盗まれてからでは遅いですよ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿

他の記事紹介

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...