2012/04/08

Figureという音楽系アプリがヤバい!



Figure という音楽系アプリがヤバいので紹介したいと思います。





とりあえず動画を見ればどんなアプリか分かります


音が良いのはもちろん、ビジュアルも最高です。

この動画を見てAppStoreで即購入しました。


10分程使ってみて大体の操作が分かったのでここで解説してみたいと思います。
*素人の解説なのであくまでも参考程度に!




DRUMの操作

・PATTERN


・丸い(●)ボタンの上下フリックでリズムの間隔を調整できる

・下の長四角(■)のタッチ場所で音色が変化する

・私が書いた文字で見えませんが「TR-BOB」の文字部分を左右にフリックすると音の種類を変更出来ます。
TR-BOB以外の種類→Maskin/Northeast/Old School/Studio/Technologic/Urban


・TWEAKS



①〜③を青いゾーン内で配置出来る。それぞれの配置場所でPATTERNの音色を変化させられる。



BASSの操作
基本的にPATTERNとTWEAKSの操作はDRUMの時と同じです
→ GommibandをフリックするとこれもDRUM同様色々な種類をチョイスできます。



RANGE:フリック操作によって音の幅を調整出来ます。

SCALE STEPS:RANGEで設定した音程の中での音階数を調節できる。



LEADの操作
DRUM・BASSと同じ操作なので省略させて頂きます。




SONGの操作



・カットされたピザみたいな形をタッチしてコードを選択できる。

TEMPO:リズムの速さを調節できる

KEY:キーを選択できる

SHUFFLE:シャッフルのON/OFF



MIXの操作


・PUMP:上下フリックで音が変化する(OFF〜100の範囲で設定)

・DRUM/BASS/LEADの音量は長四角(■)の上下で音量の調節が可能
→MUTEを押すと完全に音量を消せる



SYSTEMの操作


・CLEAR SONGで作った音の削除

・ONLINE MANUALでサファリを開いてアプリの説明を見る事が出来ます(注:英語サイト)


素人なりに自分の言葉で説明してみましたが、直接触ってみるのが一番分かり易い方法だと思います。


こんな良いアプリが85円とはかなりお得です!
4/8日現在の評価も5段階中4.5と好評価です!




このアプリであなたもプチDavid Guettaになれるかも!?








このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿

他の記事紹介

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...